面接のポイント【Question5 短所を聞かれたら】テスト

面接のポイント【Question5 短所を聞かれたら】 イメージ

転職活動をする際に必ず経験するのが面接です。

 

その際に聞かれることが多い質問の一つに、あなたの短所についてというもの

があります。

 

この短所を聞かれた場合、避けたい回答例としては消極的なところであったり、

 

人と関わるのが苦手などが挙げられます。

 

 

短所を聞かれた場合、あまりにもマイナスのことを言う当然不利になります。

 

介護のお仕事だと、高齢者の方々とコミュニケーションを取りながら接していか

 

なければいけませんし、人と関わるのが苦手であったり、消極的というのはあま

 

り良いイメージを与えられません。

 

 

そのため、そのような回答はできるだけ避けましょう。

 

 

面接で短所を聞かれたときのマイナスイメージになる回答例ですが、その他に

 

もいくつかあります。それは、協調性がないという回答や、コミュニケーション能

 

力が低いという部分、さらには、何か言われるとすぐに落ち込んで切り替えるの

 

が遅いなどという回答でしょう。

 

 

これらは介護職をする上で相当なマイナスですし、常に相手のことを理解しコミ

 

ュニケーションを図る介護職であれば、そう答えるのは避けた方が良いでしょ

 

う。

 

 

 

以上、例題を挙げてきましたが、面接の際にはいかに短所を最小限に抑え、そ

 

れを長所に変えていけるかだと思います。

 

 

できるだけ短所の部分をうまくカバーできるように、もし、短所がしゃべるのが得

 

意ではないという部分だったとした場合、答え方としては、「短所はあまりしゃべ

 

るのが得意なほうではないことですが、常に思いやりの精神はありますし、相手

 

の方にできるだけ不快感を与えないように、しゃべりかけられたときは自然な笑

 

顔で接するようにしています」と言えば、良いイメージを与えられます。

 

 

 

介護職は笑顔と気持のいい対応が大事ですので、多少はしゃべるのが下手で

 

も笑顔で応対することでカバーする事もできるでしょう。

 

 

短所はできるだけ長所でカバーする、克服に向けてどのように心がけているか

 

具体的なエピソードを添えて話すことも相手に納得感を与えられるポイントとな

 

ってきます。

お役立ち情報の一覧へ