面接のポイント【Question1 短期間で退職をした理由】テスト

面接のポイント【Question1 短期間で退職をした理由】 イメージ

仕事を短期間で退職した場合、転職先の選考で不利になるのではないかと考えてしまいますよね。

 

 

嘘はいけませんが、たとえ短期間でも、経験できたことに感謝している姿勢やキャリアアップのためである、という印象を相手に与えることが出来る言い回しを心がけてみましょう。

 

 

本当は今の仕事が自分に合わない、辛かったからという場合は、キャリアアップのために転職を考えているということ、たとえば「したかった仕事が出来ずに、このままよりは転職してさらに上を目指したいと思った」「自分の可能性に挑戦してみたかった」など、考えた末の行動として転職を考えたことを伝えるとプラスにとらえてもらえるかもしれません。

 

また、今の会社が自分に合わないと感じた場合は、自分の考えを織り交ぜながらも今の会社を否定することは絶対に避けて、「たくさん経験を積ませてもらったのだが、将来のことや自分自身の成長を考えて」などと、愚痴ではなく、前向きな発言をすることで、相手には良い印象を与えられるかもしれません。

 

自分に落ち度があっての退職と転職を考えているなら、下手なウソをつかずに正直に「自分に未熟さがあったが、次こそは長く働きたい」という熱意と素直さを伝えることが大切な場面もあると思います。

1

決して今の会社や前職を批判したりしないようにしましょう。大事なのは、本気で取り組んで、本気で考えたけれど、長い人生を考えたときに、この短期間で辞職して取り組むことが良いことだと思った、次こそはやる気を持って取り組むという姿勢と気持ちを、言葉に換えて伝えるようにしましょう。

 

今回は、面接で短期間で会社を退職してしまった理由を聞かれた時の、回答のアドバスをさせていただきました。参考になりましたか?

今後も、面接に役立つ情報・転職に役立つ情報を更新していきますので、参考にしてください!

また次回の更新をお楽しみに。

 

 

 

お役立ち情報の一覧へ