面接のポイント【Question7 面接で気を付けたい事】テスト

面接のポイント【Question7 面接で気を付けたい事】 イメージ

面接では駄目なこともしっかり考えておこう

 

面接対策をしっかり行うためには、面接で話してはいけないことを考えておくことも大事です。駄

目だと思われているワードを出してしまうことは、大きなミスになってしまうのです。さらに、緊張し

ていると、そうしたワードをつい出してしまって、ミスになってしまうこともあります。緊張している状

態などをしっかり解消することも大切です。

 

例えば、NGワードについては、以下のものがあります。

世界を変えたい、将来的に起業したい、視野の広い仕事が出来ます、レベルの高い、大企業で

は自分のしたいことが出来ない、人として成長したい、協調性がある、○○で見ました(特に本や

テレビ)、やったことがある、できません。

といったワードが避けたいものです。これらは企業に対してマイナスイメージを与えることに繋が

ります。

 

また、注意したいことは3つあります。

まずは面接官の目を見て話をすることです。当然ですが、目を見ていないことはマイナスイメージになります。

次にテンプレートの回答ばかりにしないことです。テンプレートのような回答ばかりだと、企業側の印象はよくなりません。

最後に、質問にすぐ回答できない状態は避けてください。すぐに回答することで、頭の回転が早いことを示されます。

 

緊張すると、NGワードも出しやすくなります。

緊張を和らげる為に、以下の方法をご紹介します。

1つ目は、深呼吸をしてから面接会場に入ることです。これで少しだけ落ち着けるので、緊張が和らぎます。

 

2つ目は、楽しいことを考えて待つことです。面接の問題を考えず、ほかの事を考えて落ち着ければ、緊張

が和らぎます。

 

3つ目にトイレに行くことです。面接前にトイレに行くと、余計なものを出すことが出来ますし、1人になれますので落ち着けます。

 

最後に、しっかり挨拶をして、相手のイメージを柔らかくすることも、緊張をしない要因になります。挨拶をすれば、緊張しない状態を作れるのです。

 

NGワードを出してしまうと、それだけイメージを悪化させてしまう要因になってしまいます。

また、緊張がこれに影響することもありますので、そうしたことが起こらないように、なるべく対応しやすい環境を作り出し、緊張しないような工夫も大切です。

後は、面接の際に気をつけることだけ考えて、自分の考えを伝える事が重要なポイントとなります。

お役立ち情報の一覧へ