面接のポイント【Question8 答えにくい質問の回答】テスト

面接のポイント【Question8 答えにくい質問の回答】 イメージ

よくある答えにくい質問への回答ポイント

 

転職の面接では新卒の就活とは異なる様々な質問をされることがあります。それまでのキャリアや転職の意図の他、業界の展望やマネジメントに関することまで、社会人経験があるからこその質問が多くなってくるのです。それならば、それに対する回答もそれまでの経験を生かしたものにしたいですよね。そこで、転職面接でよくきかれる割に「答えにくい」と感じやすい質問について回答のポイントをまとめました。

 

・「あなたの短所は?」

この質問は、あなたが自分の短所とどう向き合っているのかという点を尋ねるものです。素直に自分の短所を挙げれば良いのですが、それにプラスしてその短所を改善しようと努力した具体的なエピソードを添えるようにしてください。また、見方を変えると長所とも言えるような短所を挙げても良いでしょう。その短所が仕事に重大な影響を与えることがないということをアピールすることが大切です。

 

・「転職の理由は?回数が多いようだが……」

転職の理由がネガティブなものの場合、ついつい顔を硬くしてしまいがちですが、まずは冷静に表情を変えずに答えられるようにしましょう。その上で、会社の都合やトラブルが原因なのではなく、一貫した信念を持っての転職であることをアピールすることで、面接官に対してマイナスのイメージを与えるのを避けることができます。

 

・「つまらない仕事を与えられたらどうする?」

この質問には、あなたがどんな仕事をつまらないと感じているのか、またそのような仕事を与えられたときにどのように対処する人なのかが知りたいという面接官の意図があります。

「○○というような仕事はあまり楽しいとは思わない」と具体例を挙げて、その上でどんな仕事でも前向きかつ意欲的に改善点を見つけながら取り組むことができるということをアピールできると良いのではないでしょうか。

お役立ち情報の一覧へ